【Windows 11】自作PC(Ryzen 7 3700Xマシン)のWindows 11への対応方法

私は現在、以下の構成で自作PCを組んでいますが、Windows 11対応がやや苦慮したのでまとめておきます。

初めてエラーが表示されてから、実に38時間後に無事に解決することとなりました。

ですが、

  1. 自作PCなどのWindows 11への対応は、具体的にどのようにすればよいのか?
  2. 私がエラーが初めて発生してから、誰にも質問せずにどのように解決するのか?

皆様へのヒントになればと思いますので、この生々しい記事を残しておきます。

CPUAMD Ryzen 7 3700X(コードネームMatisse)
マザボAsRock X570 Steel Legend(BIOSバージョン1.60)
メモリDDR4SDRAM 32GB
ストレージ1TB SSD(型番CSSD-M2B1TPG3VNF、PCIe Gen.4 x4 (NVMe 1.3)対応)
グラボAMD Radeon RX580(メモリ8GB)
目次

Windows 11の要件にやや癖あり

Windows 11の公式サイトを開くと、対応PCかどうかのチェックツールをダウンロードすることができます。そして、対応PCについては以下のスペックが出てきます。

CPU1GHz・2コア以上の64ビット互換CPU
メモリ4GB
ストレージ64GB以上
ファームウエアUEFI・セキュアブート対応必須
TPMTPM 2.0対応必須
グラボDirectX 12以上・WDDM 2.0ドライバー対応必須
ディスプレイ720P(1,280×780)以上の高解像度ディスプレイ
その他初めて使用するときなど、Microsoftアカウントとインターネット接続が必要。
更新プログラムや一部の機能のダウンロード・使用にはインターネットが必要。

モニターは一昔前のものではNG(法人PCなどはどうするのでしょう。これを機に入れ替えかな?)。WDDM 2.0ドライバーは、最近のPCであればたぶん大丈夫でしょう。UEFI・セキュアブートも難なくいけるでしょう。

それよりもTPM 2.0対応のほうが心配です。

しかし、AMD Ryzen 7 3700XであればfTPM(TPM 2.0対応)というものが備わっており、問題ありませんでした。

対応したこと

結論から言いますと、以下の設定を行いました。

  1. fTPMを有効に変更。
  2. コマンドライン(管理者モード)でmbr2gpt /convert /disk:0 /allowFullOSを実行し、SSDをMBR→GPTに変換。
  3. CSMをOFFに変更(Fast BootもONに変更)。
  4. セキュアブートを有効に変更。
  5. それでもダメなので、BIOSを最新版に更新(CPUがMatisseの場合の対応確認済)

これで、無事にWindows 11対応にできました。

対応の流れ(実際に近い生々しいもの)

上記の対応に至るまで、最初のこのツイートから始まり、

実際には以下の思考方法で対応を進めました。

STEP
まずはTPM 2.0への対応

UEFIの設定画面を開き、CPU設定>fTPMを有効にしました。

AMDの場合はこれで良いそうです。Ryzen 2000シリーズ以上で対応してるとか、かんとか。

Microsoftが対応CPUを公表するようになりましたね。

  1. Intelの場合はこちら
  2. AMDの場合はこちら

Intelの場合は、Intel PTT対応かどうかがキーとなるようですが、これはマザボによるそうです。

TPM 2.0が有効になっているかどうかは、設定>システム>詳細情報>Windowsセキュリティで詳細を確認する、をクリック。Windowsセキュリティが表示されたら、デバイスセキュリティ>セキュリティプロセッサの詳細をクリック。

仕様バージョンが2.0になっていればOKです。

STEP
ダメっぽい…では、次にセキュアブートを有効にしてみる

UEFIに戻り、起動>セキュアブートを有効にしてみます。

…が、Winsowsで確認すると、セキュアブートが有効になっていません。

調べていく過程で、BIOSモードがレガシになっています(UEFIが有効になっていない状態)。

STEP
BIOSをレガシ→UEFIに変更するには?まずはCSMを無効に!

ここで一番時間を食ってしまったのですが、まずはBIOSを無効にしてUEFIに変更するには、まずはCSMというものを無効にしなくてはなりません。その段階で注意すべきことが、「セキュアブートを有効にするにはCSMを無効にしなければならない」とのことでした。思いっきり有効にしていたよ…

また、セキュアブートに対応するには、ストレージをMBRからGPTに変換しなくてはならないとのこと。しかも、変換をミスった方がいらっしゃるとかかんとか…(恐ろしい)

つまり、以下の順です。

  1. ストレージをMBRからGPTに変換する
  2. CSMを無効にする
  3. セキュアブートを有効にする
  4. ついでに、Fast Bootを有効にしておく
  5. 再起動する
STEP
MBRをGPTに変換する

失敗する可能性もあるとのことで、まずはファイルのバックアップを実行し、バックアップ終了後にコマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」し、以下のコマンドを入力して実行しました。

mbr2gpt /convert /disk:0 /allowFullOS

思った以上にすんなりといきました。終わったらPCを再起動してUEFIを開きます。

しらこ

ぶっちゃけ、バックアップが一番時間かかりました…

STEP
UEFIの設定変更

以下の手順で設定していきます。

  1. CSMを無効にする
  2. セキュアブートを有効にする
  3. ついでに、Fact Bootを有効にしておく
  4. 再起動する
STEP
これでも、まだダメ…!最終手段は?

これでもダメでした。

これでもダメなら…色々とTwitterを探していると、「BIOSを更新して対応した」というツイートを拝見したので、BIOSを更新してみます。

STEP
BIOSを更新。成功!

AsRockの公式サイトより、最新バージョンのBIOSにアップデートしました。

まず最初にfTPMを無効にしないと、BIOSがアップデートできませんでした。

  1. fTPMを無効
  2. BIOSアップデート実行。実行後にすべての設定が初期化される。
  3. CSMを無効にする
  4. セキュアブートを有効にする
  5. ついでに、Fast Bootを有効にしておく
  6. fTPMを再度有効にする
  7. 再起動する

基本的に、BIOS(UEFI)はシステム運行が良好な場合にはアップデートしない原則がありますが、今回の場合はWindows 11に対応しないので、これも調子悪いってことかな?と思って、念のため一気にアップデートして良いかどうか確認した上でアップデート。成功。

今度こそ上手くいきました。

最後に

まだ情報が少ないさなかで、心がけたことは以下の通りです。

  1. Windows 11への更新に関することは、Google検索しても検索結果へ反映されていないことを考慮してTwitter検索を大活用。
  2. さらにTwitter検索しても出てこない内容を拾うために、詳しそうな人の本人のツイートをさらに探す(これでBIOS更新へたどり着いた)
  3. 関連の情報(基礎知識)などが少ないので、ある程度は自分自身で想定したり、様々なところから情報を得たりする(このときに間違いの情報を拾わないように注意をする)

なんとなく、再現性ない方法になってしまいました!笑

以上です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WordPress・EC周りをいじるフリーランス。ずっと自作PCを作り続け、外ではSurface使いです。30代・埼玉県民。WordPressテーマ「SWELL」ユーザー。このブログでは、サイト・ブログのカスタマイズ方法などを発信します。

目次
閉じる