メール配信品質を高めよう(WordPress・EC-CUBEなどとの連携について)

せっかくメールを配信したのに、メール配信品質を高めないままでは、

くろにゃん

ええっ、メール配信してますよぉ…

ぴえんくん

いや、届いてへん…

くろにゃん

すみません…迷惑メールフォルダ見てもらえますか?

ぴえんくん

おぉ、あったわ…

なーんて不毛なやり取りをし続けることになります。しかも、「あった」って言ってくれる方でしたら良いのですが、そもそも迷惑メールフォルダの見方すらよくわからない…という方には、あまり期待が持てません。

正直、電話の言った・言わない、FAXの届いた・届いてないというレベルに近い内容です。

この不毛なやり取り、いつまで続けるんでしょうか?

そこで、私はメール配信品質を高めるということを提案いたします。

目次

メール配信の現状

多くの方は、何も気にせずにレンタルサーバー付属のSendmailというメール配信用のプログラムを使用しています。「何もしてないけど、メールが配信されていてわーい」ってなっていると思います。

でもこれ、そもそもユーザー認証は行ってないですし、配信されたメールのドメインの所有権すら確認していません。

つまり、この状態では相手の迷惑メールフォルダに入ってしまったり、場合によってはメールが届かない事態になってしまいます。

レンタルサーバー付属のSMTPサーバー経由でメールを送信する

そこで、Sendmailを使用しない手段として、次にレンタルサーバー付属のSMTPサーバーを経由してメールを配信することが検討されますが、それでも多くのデメリットを生みます。

  • 先ほどのSendmailよりは少なくとも品質は高い
  • SPFレコードの導入により、ドメインの認証自体は行われる
  • しかしながら、DKIMの認証ができないレンタルサーバーが多い(これ以上品質を高められない)
  • 現状では、多くのSMTP経由の配信メールが(特にGmailの)迷惑メールフォルダに入ってしまう

通常、SMTP経由でのメール配信を行う場合、WordPressではWP Mail SMTPプラグインを使用して、EC-CUBEでは.envファイルやmail.ymlファイルなどにユーザー認証情報を書き込んで使用します。

では、どのような品質の高め方があるか?

私は、GmailもしくはGoogle Workspaceの使用、ないしはSendGridの使用を推奨します。

以下に、それぞれの特徴を列挙します。

スクロールできます
種類金額等受信備考
Gmail無料受信機能付き(15GB~)@gmail.comのメールアドレスを使う
Google Workspace有料(月額748円~)受信機能付き(30GB~)独自ドメインのメールアドレスを使う
SendGrid月12,000通配信まで無料受信機能なし
(受信は、既存のレンタルサーバー等を使用)
独自ドメインのメールアドレスを使う

Gmail・Google Workspaceについての記事は以下をご覧ください。

SendGridについての記事は以下をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

WordPress・EC周りをいじるフリーランス。ずっと自作PCを作り続け、外ではSurface使いです。30代・埼玉県民。WordPressテーマ「SWELL」ユーザー。このブログでは、サイト・ブログのカスタマイズ方法などを発信します。

目次
閉じる