WordPressテーマ・プラグインを使用する際に必要な前提知識・心構えなど(※途中まで)

思う部分があるので、とりあえず途中まで公開しました

WordPressテーマやプラグインを使用する上で、必要そうな前提知識をまとめてみました。参考にしてみてください。

目次

ライセンスについて

WordPress本体自体がGPL v2ライセンスであり、プラグインやテーマといった派生物を頒布する際のライセンスは、GPL v2と互換性がある必要があります。基本的に、多くのテーマやプラグインは、上記のライセンスと互換性のある100% GPLというライセンスで作られています。

一方で、PHPコードのみがGPLまたは互換ライセンスとし、その他アセットのすべて(JavaScript・CSS・画像・音声ファイル・アイコン・フォントなどを指します)の一部またはすべてがGPLと非互換のライセンスを用いているものを、スプリット・ライセンス(スプリットというのは、分割という意味)と呼ばれます。

スプリット・ライセンスを適用すること自体は、法的に問題はありません。

しかしながら、スプリット・ライセンスの採択者は、WordPressコミュニティが開催するイベントについて、運営側として関わることが難しくなっています。WordPressコミュニティに関わる方は、基本的に100% GPLライセンスを採用して、テーマやプラグインの開発などを行っています。

WordPressやそのテーマ・プラグインのライセンスについて、詳細はこちらのページをご覧ください。

基本的には、100% GPLを採用しているテーマやプラグインは、使用者が自分や他人(受託など)を問わず、複数サイトに使用することは制限されていません。しかしながら、テーマ自体のライセンスとは異なる範囲で、有料テーマの一部のものは個別に購入していただかないと、アップデートが提供されなかったり、公式のサポートが受けられないものがあります。また、スプリット・ライセンスの場合、そもそも複数サイト使用不可の場合もあります。テーマの購入前には、利用規約・適用されるライセンスを必ずご確認ください。

100% GPLのテーマ

スプリット・ライセンスのテーマ

本来有料で購入すべきものを「無料」で図々しく使用し続ける行為

単純に、開発者さんの時間を奪っているだけです。そういう方のために開発したいと思いますか?今すぐやめましょう。

利用規約をよく読もう

特にテーマの使用前には、よく利用規約を読んでおきましょう。大体のテーマで提供されているサポート・フォーラムにおいては、質問として認められている範囲が「テーマの機能」「テーマの不具合」に関することです。中には、カスタマイズのご相談まで受け付けているテーマもありますが、そういった親切なサービスが含まれたテーマは珍しいほうです。

たとえば、以下の範囲は基本的にサポートを受けられないものとご理解いただければ幸いです。

  • WordPress自体の仕様や機能に関すること
  • WordPress自体の不具合に関すること
  • カスタマイズ(CSS・JavaScript・フックなど)に関すること

とは言え、上記に示したことがすべて受け入れられないかと言うと、必ずしもそうでもありません。たとえば、「これはWordPressの不具合かテーマの不具合かわかりづらい」といったケースなどは受け入れることができそうですし、また、その方のレベルに応じてご案内をしていただけそうな場合もあります。そうした場合は対応していただける場合もあるでしょう。

また、よく見る質問のされ方として、「○○ってどのようにしたら設定できますか?」「~の設定はできますか?」などの質問は良いと思いますが、「~の機能は付いていないと思いますが、どのようにカスタマイズして実装したら良いですか?」などは、基本的には受け入れられない場合が多いかと思います(テーマにより対応できる範囲は異なります)。

冷静に考えてみますと、厳しい言い方ですが「そこにないものをタダ同然で得ようとしている?」と見ることもできます。定食を注文したけど、タダでお新香やデザート・別のおかずが欲しいみたいな。そういうのに対応するわけにはいきません。ただの食い逃げです。ダ○ソーなら、「そこになければないですね」ってお気持ちです。

しかしながら、すべてが杓子定規に進められるものではなく、ケース・バイ・ケースであることをご理解いただければ幸いです。また、開発者さんによっても対応方法が異なることもあるでしょう。

例外的に、ときどき優しい人が丁寧に助けてくれる場合もあります。ご厚意に感謝しましょう。笑

また、そのほかにあまり歓迎されないこととして、基本的には有償で提供されるべきのような知識・ノウハウを、図々しく何度も無料で情報を得ようとする行為もあまりよろしくないでしょう。質問に対して答えていただける方は、あなたの代わりに時間を割いて答えを用意してくれているということを常に大切にしましょう。

また、質問に対して答えた後は、少なからず本人に自走して欲しい(みなさんも、ずっと成長していない新人さんを抱えたままでは困りますよね?)という気持ちもあるかと思います。あなたの成長を楽しみにしています。

アップデートの重要性

時々、アップデートを行ったら不具合が出て、バージョンをダウングレードして使い続けるといった選択をとる方がいます。特に脆弱性に関するアップデート報告がなければ、直近のバージョンに一時的にダウングレードしても大きな問題は出るケースは少ないかと思いますが、しかしながら長期にわたり古いバージョンを使い続けるということは、セキュリティ上のリスクを抱え続けることになります。危険な行為のひとつです。

また、将来的なことを考えると、やはり最新仕様に合わせていくのが好ましいと言えるでしょう。最初はこうした作業が面倒かと思いますが、このような対応を続けていると、だんだんと将来的なこともある程度見通せるようになってきます。

特に、テーマ・プラグインに脆弱性が告知された場合は、必ずアップデートをしましょう。

不要なテーマ・プラグインは削除しよう

昔に作られたWordPressの記事を見ると、かなり多くのプラグインを入れることがオススメされていたことがありますが、しかしながら理由なく使いもしない不要なテーマ・プラグインを入れるのは、あまり好ましくないかと思います。

そのテーマ・プラグインは、本当に必要でしょうか?また、時々プラグインを無効化してずっと残している方がいらっしゃいますが、何でいつ使うかわからないものを残しているのでしょうか?不要なテーマ・プラグインは削除しておくのがベストです。特に、長期にわたり更新されていない不要なテーマ・プラグインをインストールされている状態だと、そこが攻撃者の踏み台にされてしまって、最悪の場合、不正侵入などもあり得ます。

基本的には、必要なテーマ・プラグインだけ残しておくことをオススメします。また、なぜそのテーマ・プラグインをインストールするのか、説明できるようにしておくと良いかと思います。

そして、しばらく更新されていないテーマ・プラグインなどがあったら、それ自体に脆弱性を抱えたままの場合があります。場合によっては、乗り換えを検討してみましょう。

まず初めに。その問題、本当にテーマだけの問題?

WordPressには、大きく分けていくつかの障害切り分けができます。一例を、以下にご紹介いたします。

比較的、可能性として低そうなものは、下の段に寄せてみました。笑

  • WordPress本体やテーマ・テーマが最新バージョンにアップデートされていない
  • あなたが閲覧しているブラウザが推奨されているものではない・最新バージョンにアップデートされていない
  • あなたが閲覧しているPCの解像度が不足している
  • あなたの設定変更による問題・原因(コードのカスタマイズを含まないもの)
  • あなたがカスタマイズしたコード(HTML・CSSやPHPファイルなど)による影響
  • WordPress自体が抱えている問題・原因
  • テーマが抱えている問題・原因
  • プラグインが抱えている問題・原因
  • データベース側でのキャッシュによる影響テーマやプラグインで用意されているキャッシュ機能など)
  • ブラウザ側でのキャッシュによる影響(リロードまたはスーパーリロードなどで解決できる)
  • 日本語名ファイルのアップロードによる不具合WP Multybyte Patchプラグインを使用する)
  • サーバーのPHPバージョンによる影響(サーバー側のphp.iniの設定変更によるバージョン変更などで解決できる)
  • サーバーのWAFによる影響(設定が反映されない、エラー画面が出るなど)
  • サーバー側のキャッシュによる影響サーバー側で用意されているキャッシュ機能など)

などです。昔は、データベース側での文字コードなどの問題もありましたが、今の多くのレンタルサーバーではUTF-8が優先されているので、ほとんど解決されていると言えます。

また、番外編としてGoogle側の仕様上の場合もあります。

それでは、詳しく解説していきます。

【大前提】ブラウザ・WordPress本体・テーマ・プラグインを最新版に更新しよう

これをやっていない質問が意外と多いです。大前提だよ…!必ずアップデート(更新)しておきましょう。

ブラウザを最新バージョンにアップデートを行っていないというのも、時々あります。たとえば、「最新版のMacBook Proでは正しく表示されていますが、OSが旧バージョンのiMacでは表示が崩れていますが…」というもの。OSの情報だけでは何がどうなっているのか判断が出来ないばかりか、この調子じゃブラウザもアップデートされていないんじゃない?という判断にもなりやすいです。

様々なご事情で旧バージョンをご利用中だとは思いますが、基本的には最新バージョンで動作保証が行われている・最新バージョンでの話を前提としている(旧バージョンだとサポートが行われない)場合が多いので、注意が必要です。

というか、環境が異なることをまず認識されていないと、今ひとつ射ない(解決しない)回答が出てくる場合も多いです。

あなたが閲覧しているPCの解像度が不足している

おそらく現状では、PCの解像度がフルHD(1,920 x 1,080)もしくは1,600 x 900などの環境下で閲覧することが前提とされているケースが多いです。

具体的には、PC側での上記以上の解像度がなく不足していると、PCで閲覧しているのにブログやサイトがPC表示(2カラム以上)にならず、スマホ用表示(1カラム)になるなどの影響が考えられます。

ブラウザの縮小(ctrlキーと-キーの同時押し)表示を活用していただくと、解決される場合が多いです。反対に、拡大表示はctrlキーと+キーの同時押しです。

あなたが設定した内容による影響

おそらく、多くの方が触る設定場所は、

  • カスタマイザー(外観>カスタマイズ)
  • ウィジェット(外観>ウィジェット)
  • 投稿
  • 固定ページ
  • その他、テーマ・プラグイン独自の設定画面
  • WordPress自体の設定

などだと思いますが、ご自身がやった設定内容で何か問題はないか、周辺の設定場所や他の設定場所を確認してそれっぽいものはないかなどを確認してみてください。

特にウィジェットは、手が滑ってまったく関係ない場所に移動することもあったり(ウィジェットは動かしやすいので)、テーマを変更して設定していたウィジェットが解除されてしまうこともあります。テーマを変更した場合、ウィジェットの設定ページの下のほうに「使用停止中のウィジェット」がありますので、そこも見てみましょう。

あなたがカスタマイズしたコード(HTML・CSS・JavaScript・PHPなど)による影響

テーマプラグインなどをアップデートしたときに、仕様変更のために比較的影響の出やすいものです。念のため、以下の箇所を見直しをしてみてください。

  • カスタムHTMLを挿入する場所(エディター内・ウィジェット内など)
  • 外観>カスタマイズ>追加CSSや外観>テーマエディター>子テーマのstyle.cssなど
  • カスタマイズで挿入したJavaScript
  • PHPによるもの(外観>テーマエディター>子テーマのfunctions.phpなど)

これらについては、特に自己責任でお願いいたします。

続きはComing Soon…

ググり方(Googleでの検索方法)を向上してみよう

上級者の方のGoogleなどでの検索方法は、それはそれは私も想像できない程のレベルの高さがあるかもしれませんが、取り急ぎ私が行っているGoogle検索の方法をご紹介いたします。

続きはComing Soon…

自分が行った設定内容はしっかり記録しておこう

回答者が一番困ってしまうのは、ご自身が設定された内容を「何もやった記憶がありません」です。

ぴえんくんのアイコン画像ぴえんくん

…私も、そんなん知らんがな。笑

コードは書いたとおりにしか動かない!

しかし、紛れもなく自分のブログを誰か他の人が触るというのは、基本的によっぽどの脆弱性などがない限り有り得ません。ご自身でやった結果がそのまま反映されています。コードが残っているから、こちらからは見えますしね。

そこで、ご自身が行った設定内容を時系列でGoogleスプレッドシートなどにまとめるのをオススメします。ご自身での振り返りにもなりますし、設定を間違えて元に戻せなくなりそうな時の助けにもなります。「どの順で設定したかなー」「手順をこういう風に変更したら、さらに効率いいかなー」「これは別のこの方法だと効率良い!」「とりあえずこの設定をやったけど、後から意味を調べよう」って考えていくと、さらに効率が上がると思いますし、そうやっていただけるとこちらも成長されているな、って感じ取れます。

望ましい質問のしかた

Coming Soon…

こういう質問のされ方はイヤだ…!

いろいろまとめてみました…((((;゚Д゚))))

使用しているプラグインは(以下、一覧が長文で送られてきて)この中で何か原因となるものはありそうでしょうか?

どれが原因となりそうか?と、情報を送るだけ全部を送って、その過程で少しは自分で考えてくれないのかな…(想像が及ばないんだとは思いますが)と思っちゃいそうです。

このテーマと相性の悪いプラグインは?

そもそも、相性が良いとか悪いとかって話は存在しないです。誰か人柱になってくれる人がいたら、知見はたまっていくかもしれませんが…

「他はこうだったんですけど、なぜ○○なんでしょう」

逆に「それがなぜ当たり前だと思い込むのでしょう(ないのは変って言いたさそう)」って感じもします。ユーザーさんに教えていただくことも多いですが、あなたの当たり前は、すなわちそれが絶対的なものなどというのは、冷静に考えてちょっとおかしな話ですよね。多くのユーザーさんが喜びそうな機能なら、開発者さんも機能強化不具合修正をがんばりたいと思いそうですが、最初の入り口が「あって当たり前」みたいなのは少し違うかなと思います。

スマホで見たとき○○で…

せめてiPhoneAndroidくらいは教えてくれないのかな?

パソコンで見たとき…

せめてWindowsMacかくらいは言っていただけたら、やり取りは少なくとも一個減ります。

他にもありましたら、掲載を検討しますのでお知らせください(´・ω・`)

不具合かどうかを決めるのはユーザーではない

明らかにバグや不具合な場合ももちろんありますが、たとえば医者が病名を言うまでは、あなたの病名が付かないのと同様に、不具合かどうかは最終的に開発者さんが決めることが多いです。

なので、急に不具合などと決めつけずに「このような手順・環境で、このような現象が発生していますが、仕様でしょうか?不具合でしょうか?(あるいは、このような機能を追加検討していただければ大変嬉しいです)」などと聞くようにしていただくと、大変スムーズかなと思います。

ぴえんさんのアイコン画像ぴえんさん

開発者さんも一人の人間だから、反応は異なるで

ぴえんくんのアイコン画像ぴえんくん

そもそも相手の気持ちは大切にしような

「自己解決しました」だけ投稿するのはやめましょう

質問の投稿後に、「自己解決しました」とだけ投稿するのはやめましょう。

解決方法の記入がない場合、さっぱり他の人の参考にならないばかりか、場合によってはGoogle検索されてきた方が閲覧してきて、解決方法が載っていないことがあると大変イラッとします。また、そのまま放置もやめましょう。解決したかどうかも他の人がわかりません。必ず、解決した方法について入力されるか、回答された内容で解決した場合は「回答していただいた方法で解決しました」とだけでもコメントするようにしましょう。

しらこのアイコン画像しらこ

後世の人にも残るってところが意外と大事な要素…!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる